母子家庭というのは母親だけでこどもを育てていく訳ですから、経済的にも精神的にも大変さを痛感することが多いでしょう。子供がそこそこ大きくて、そんなに手がかからないのであれば、まだいいかもしれません。でも、小さなお子さんをかかえていると、仕事探しも難しいですよね。幼い子供がいる場合、急な発熱などで休まなくてはならない可能性が考えられるため、採用してくれる勤め先が限られてくるものです。では、母子家庭でもできる仕事ってどんな職種があるのでしょうか。まずは、なんといっても、常に人手が足りないといわれている介護職ですね。勤め先にもよりますが、住み込みで働けたり、日勤のみというところもあるのです。ただし、お給料が安い上に、長時間労働になる事は覚悟しておいた方がいいでしょう。また、体力勝負の仕事でもありますし、人間関係に悩むことも少なくないでしょう。工場などの製造業も、母子家庭の母親には比較的働きやすい業種の一つです。人が集まりにくい早朝や深夜といった時間帯を選べば、採用される可能性も高まるでしょう。母子家庭で子供を育てたという方の中には、離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)した時には特に役に立つ資格は持っていなかったけれど、働きながら学んでスキルアップしたケースも多いです。面接でなんでもしますと頼み込んで採用してもらって、入社してから必死でスキルを身につけたという方もいます。また、一時的な繋ぎとしてパチンコ店やファミレスなどで働いて、資格を取得して転職する方も多いみたいです。それに、最近では、自宅でできる内職でも割と高収入のお仕可能性もあるのです。パソコンを使えるなら、ネットオークションの代行業やデータ入力などの仕事も探せばあるでしょうー